helen's blog

ぽんこつによるぽんこつのためのぽんこつブログ

detached状態でmasterに-fプッシュした人がいるらしいよ

masterが突然ちぎれた対応をしたときのメモです

壊れちゃった!とヘルプを求められ、確認すると、
gitホスティングサービス上では不思議な事態が起こっていました。

f:id:heleeen:20161230202919p:plain

こんな感じでmasterがちぎれていました

何をした結果なのか詳細は確認してないのですが、
なんらかの作業をした結果detached状態になり、
-fをつけてmasterプッシュしたのかな?という気がしています

目標は、masterを可能な限り復元することです

リポジトリの運用ルールに100%準拠していることを前提に、
そのリポジトリ利用者に、最後にmasterへマージしたdevelopを教えていただき
そこをmasterとして修正しました

手順
  1. (ローカルが死んでしまったため)リポジトリを新規クローン
  2. 最後にmasterへマージしたdevelopをcheckout
  3. detached状態のmasterを削除(ウワーッ)
  4. そのまま最後にmasterへマージしたdevelopからmasterを生やします
  5. 最後にmasterへマージしたdevelopと作成したmasterの最新コミットが一致することを一応確認
  6. -fプッシュ!
作業ログ
~/repo ❯❯❯ git branch
* master
 
~/repo ❯❯❯ git log -1
commit !!!!!!!!FakeLastMasterCommit!!!!!!!!
Author: XXXXXXXXXXXXXXXXXXX
 
    detachedしちゃったぜ!
 
~/repo ❯❯❯ git checkout last-develop
Checking out files: 100% (6341/6341), done.
Branch last-develop set up to track remote branch last-develop from origin.
Switched to a new branch 'last-develop'
  
~/repo ❯❯❯ git log -1
commit !!!!!!!!RealLastCommit!!!!!!!!
Merge: piyyoyo honyanya
Author: YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

    最後にmasterマージしたdevelopの最新コミットだよ

~/repo ❯❯❯ git branch -d master                                              
warning: deleting branch 'master' that has been merged to
         'refs/remotes/origin/master', but not yet merged to HEAD.
Deleted branch master (was hogege).
  
~/2/repo ❯❯❯ git checkout -b master
Switched to a new branch 'master'
  
~/repo ❯❯❯ git log -1
commit !!!!!!!!RealLastCommit!!!!!!!!
Merge: piyyoyo honyanya
Author: YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

    最後にmasterマージしたdevelopの最新コミットだよ
  
~/repo ❯❯❯ git push origin -f
Total 0 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
 + hogege...fugaga master -> master (forced update)

お前も-fプッシュかい!
という感じですが、そうでもしないと修正できなかったのです...

master削除とmasterへの-fプッシュは気持ち的にやりたくないです
リポジトリをforkして1回検証するくらいやりたくないです

自分がそのリポジトリの最新を落としたらローカルが死んでしまったため
旧masterの最新コミットを拾うことができず...
とはいえ、
今思えばそのリポジトリの作業者を当たれば本物のコミットを救出できた可能性はあったんだろうなー
.git/refs/heads/masterが本物のコミットだったよねー
あーやっちゃった

運用ルールに準拠していることを前提に修正したのですが
ルールがあるってありがたいね!準拠してるって信じてる!!

deployerのprepareでこけるとき

deployerのprepareが実行されるとき

  [RuntimeException]
  Unable to login with the provided credentials.

が出てるけどそのuser,PW,鍵でSSHログインできる謎にはまったのでめも

原因

あとphpseclibがDSAに対応していない

Add support for DSA · Issue #216 · phpseclib/phpseclib · GitHub

ぷぇー
こんなんドキュメントのどこに書いてあるんだー( ´_ゝ`)

GulpとEJSで設定をできるだけ減らしてみた

設定ファイルを手で書くとミスるし
ストレスマッハなのでがんばって減らしてみました

ファイル構成

ページの中身をcontentsとしてURLに合わせてディレクトリを切り、
それぞれのjndex.ejsの上下にheadやらfooterやらをくっつけて使います

.
├── contents # ページの中身
│   ├── index.ejs
│   └── hoge
│       └── fuga
│           └── piyo
│               └── index.ejs
└── layouts
    ├── common # front、mypageから使う共通系パーツ
    │   ├── _navi.ejs
    │   ├── _localNavi.ejs
    │   ├── _logged.ejs
    │   └── _notLogin.ejs
    ├── front # フロントで使用するパーツ
    │   ├── _footer.ejs
    │   └── _headTag.ejs
    ├── frontAfterContent.ejs # フロントの要素の後につけるパーツ
    ├── frontBeforeContent.ejs  # フロントの要素の前につけるパーツ
    ├── mypage # ログイン後に使用するパーツ
    │   ├── _footer.ejs
    │   ├── _headTag.ejs
    │   └── _header.ejs
    ├── mypageAfterContent.ejs # ログイン後の要素の後につけるパーツ
    └── mypageBeforeContent.ejs # ログイン後の要素の前につけるパーツ

headerやfooterの間をクルクル回すのをよく見るけど
for文書くとどこで何が動いてるのかわからなくなるので、
各contentsで何を呼ぶか明示します

gulpfile

ここでfor文で回すのをよく見るけどやらず、コンパイルして拡張子をhtmlにしてるだけ
contents/**/*.ejsな感じにすると
ディレクトリ階層を維持したままコンパイルしてくれるので設定書かなくて済む

const gulp = require('gulp');
const ejs = require('gulp-ejs');
const jsonData = require('./settings.json');

gulp.task('default', ['main']);
gulp.task('main', ['ejs']);

gulp.task('ejs', function(){
    return gulp.src(
        ['contents/**/*.ejs', '!' + 'contents/**/_*.ejs']
    )
        .pipe(ejs({jsonData:jsonData}, {'ext': '.html'}))
        .pipe(gulp.dest('../'));
});

setting.json

設定をまとめて名前をつけて呼び出せるようにして

{
    "default":{
        "title":"title",
        "description":"description"
    },
    "hogefugapiyo":{
        "title":"fugaaaa",
        "isLogin":true
    }
}

こんな感じで呼び出す

<% data = jsonData.default; %>

特に個別の指定がなければdefaultとか書いとく感じ
CakePHPだとcontrollerでtitle、descriptionを決めれるから(こうあるべきかは別の話)
URLのコントローラーまでの設定を作っとけば
同じコントローラーのアクションどうしはその設定を使いまわせるっていう幸せ

呼び出し

使いたい設定の名前を変えるだけ

<% data = jsonData.default; %>
<%- include('../layouts/frontBeforeContent', data); %>
<!-- 要素 -->
<%- include('../layouts/frontAfterContent'); %>
<!-- frontAfterContentは渡すデータがないから書いてないけどdataあると今後幸せになれそう -->

で、上下のパーツは

$ cat layouts/frontBeforeContent.ejs
<!DOCTYPE html>
<html>
  <%- include('../layouts/front/_headTag', data) %>
  <body class="lo1 skin-blue">
    <%- include('../layouts/common/_gnavi') %>
    <%- include('../layouts/common/_makeNavi') %>
    <%- include('../layouts/common/_akibaNavi', data) %>
$ cat layouts/frontAfterContent.ejs
    <%- include('../layouts/front/_footer') %>
  </body>
</html>

各小パーツを呼び出すだけにして、
1箇所いじれば全部に反映されるようになってる

ログイン判定

ログイン前ログイン後で表示が変わるものは設定ファイルで管理

ログイン済みにしたいページのみsettingにこれを追加して

"isLogin":true

パーツはこんな感じにする

<% if(data.isLogins){ %>
    <%- include('../common/_logged'); %>
<% } else { %>
    <%- include('../common/_notLogin'); %>
<% } %>

まあほんとはtrue,falseで管理されてるのかわかんないけどねー
isLoginがtureってイメージしやすいからそう書いてます

json書きたくねーymlにする!って言ってたけど
最終的にymlにするのがめんどうになりました

GulpとEJSやってみた

フロントのコーディングを早めるために使い始めるらしいのでやってみました

使うもの

Gulp

スクランナーしてくれるやつ
gulp.js - the streaming build system

EJS

JSをつかってHTMLを生成してくれる
includeとかして楽できる
EJS -- Embedded JavaScript templates

Gulpから試してみる

ファイルを移動するだけの簡単なお仕事です

インストール

$ npm install gulp --save-dev

設定ファイル作成

$ vim gulpfile.js

const gulp = require('gulp');

gulp.task('ejs', function() { // タスク定義
    gulp.src(
        ['./*.ejs', '!' + './_*.ejs'] // _から始まるejsファイルを除外
    )
        .pipe(gulp.dest('../dist')); // 出力先
});

ejsファイルをdist/に出力という設定です

実行してみた

$ vim ejs/hoge.ejs
hoge
$ gulp ejs 
Local gulp not found in ~/hoge/ejs
Try running: npm install gulp

あるぇー入れたのになー
link | npm Documentation
どうやらグローバルのnpmにリンクを貼らないといけない模様

$ npm link gulp
/Users/heleeen/hoge/node_modules/gulp -> /usr/local/lib/node_modules/gulp

$ gulp ejs 
module.js:338
    throw err;
          ^
Error: Cannot find module './lib/_stream_transform.js'
    at Function.Module._resolveFilename (module.js:336:15)
    at Function.Module._load (module.js:278:25)
    at Module.require (module.js:365:17)
    at require (module.js:384:17)
    at Object.<anonymous> (/Users/heleeen/hoge/node_modules/gulp-ejs/node_modules/through2/node_modules/readable-stream/transform.js:1:80)
    at Module._compile (module.js:460:26)
    at Object.Module._extensions..js (module.js:478:10)
    at Module.load (module.js:355:32)
    at Function.Module._load (module.js:310:12)
    at Module.require (module.js:365:17)
    at require (module.js:384:17)

モジュールが足りないらしいので
足りないものを一気に入れちゃいます
ちなみに入れ直しでごちゃごちゃエラー出たので
一旦node_modulesディレクトリ抹消しました

$ npm install -g npm-install-missing
/usr/local/bin/npm-install-missing -> /usr/local/lib/node_modules/npm-install-missing/bin/npm-install-missing
npm-install-missing@0.1.4 /usr/local/lib/node_modules/npm-install-missing
├── async@2.0.1 (lodash@4.15.0)
└── npm@3.10.6

【Node.js】足りないモジュールをたったの一行でインストールするコマンド - Qiita

今度こそ

$ gulp ejs
[12:49:29] Using gulpfile ~/work/gulp/gulpfile.js
[12:49:29] Starting 'ejs'...
[12:49:29] Finished 'ejs' after 15 ms

# 確認
$ less dist/hoge.ejs
hoge

できた

ejsでhtmlをincludeして楽しちゃう

次はejsをパーツ化してincludeして
共通パーツは1つのファイルを編集すれば同じ箇所が変わるようにしちゃいます

インストール

$ npm install gulp-ejs --save-dev

準備

# 荒れそうなのでsource/からdist/に出力します
$ vim gulpfile.js
const gulp = require('gulp');
const ejs = require('gulp-ejs');

gulp.task('ejs', function() {
    gulp.src(
        ['./source/*.ejs', '!' + './source/_*.ejs']
    )
        .pipe(ejs({}, {'ext': '.html'})) // 拡張子指定
        .pipe(gulp.dest('./dist'));
});

# 用意したファイル
$ ls -l source
-rw-r--r--  1 helen  staff  46  9 11 12:59 _footer.ejs # htmlにしたくないファイルは_つける自己ルール
-rw-r--r--  1 helen  staff  66  9 11 12:58 _header.ejs # htmlにしたくないファイルは_つける自己ルール
-rw-r--r--  1 helen  staff  63  9 11 13:01 hoge.ejs

$ vim source/hoge.ejs
<%- include('./_header') %> # _header.ejsをinclude
hoge
<%- include('./_footer') %> # _footer.ejsをinclude

# 実行
$ gulp ejs
[00:23:31] Using gulpfile ~/work/gulp/gulpfile.js
[00:23:31] Starting 'ejs'...
[00:23:31] Finished 'ejs' after 13 ms
# 確認
$ ls -l 
ls -l dist
total 8
-rw-r--r--  1 helen  staff  121  9 12 00:23 hoge.html # できてる!

$ less dist/hoge.html # いい感じ!
<head>
  <meta charset="utf8">
  <title>gulp test</title>
</head>
hoge
- 
<footer>
  <p>Copyright heleeen</p>
</footer>

拡張子変換してるとこ

さっきのにあるこれだけ
jsonファイルを使わないため適当にかっこつけたのですがうまくいきました

 .pipe(ejs({}, {'ext': '.html'}))

gulp-ejs 2.0.0 で .html ファイルを出力する場合拡張子の指定が必須に - Qiita

本番サーバで動いてるbaserCMSをローカルで動かそうとして苦労した話

まずエラーが表示されない
core.phpをいじってもだめ

app/Config/install.phpのdebugレベルをいじる

SQLSTATE[HY000] [1049] Unknown database 'hoge_db'

oops